<   2009年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

~ハロウィン~

懸賞 2009年 10月 30日 懸賞

大好きなカフェショップ「蔵人」の素敵な奥様からハロウィンの可愛いオブジェを頂きました。f0126417_2243265.jpg
それで・・・今日はハロウィンについて調べたことを・・・・


 「ハロウィン 、あるいはハロウィーン(Halloween, Hallowe'en) は、カトリックの諸聖人の日(万聖節)の前晩(10月31日)に行われる伝統行事。諸聖人の日の旧称"All Hallows"のeve(前夜祭)であることから、Halloweenと呼ばれるようになった。

ケルト人の収穫感謝祭がカトリックに取り入れられたものとされている。由来と歴史的経緯からアングロ・サクソン系諸国で主に行われる行事であって地域性が強く、教会と不可分の行事ではないため、キリスト教の広まる地域であれば必ず祝われるという訳ではない。

ハロウィンのテーマは不気味なものや怖ろしいもので、妖精や精霊に限らず、「死」そのものや、不死の怪物、黒魔術、伝承の怪物などが含まれる。ハロウィンで仮装されるものには、幽霊、魔女、コウモリ、黒猫、ゴブリン、バンシー、ゾンビ、魔神、などの民間で伝承されるものや、ドラキュラやフランケンシュタインのような文学作品に登場する怪物が含まれる。ハロウィン前後の時期には、これらのシンボルで家を飾る。

ただし、1990年代以降、仮装の対象としてあまり扱われなくなったモチーフも多い。黒人・インディアンなどは人種差別の見地から、妊婦や身体障害者なども同様の見地から好まれないようになった。ひいては、長年ハロウィンの仮装の特徴だった怪物などのおどろおどろしいモチーフすら廃れ、妖精や野菜など愛らしいものが仮装のモチーフに好まれる傾向が見られる。」

ジャックランタン黒とオレンジ色が伝統的なハロウィンの色である。「ジャックランタン(Jack-o’-lantern)」(お化けカボチャ、カボチャちょうちん)は、オレンジ色のカボチャをくりぬき、刻み目を入れ、内側からろうそくで照らしたもので、最もハロウィンらしいシンボルである。ハロウィンを祝う家庭では、カボチャを刻んで怖い顔や滑稽な顔を作り、悪い霊を怖がらせて追い払うため、ハロウィンの晩、家の戸口の上り段に置く。・・・・と、ありました。


異文化にとても寛容な私たちの国、特に、今は、秋の収穫を祝うのは何処の国も一緒で
かぼちゃの美味しい季節でもありますね!

わたくしたちも、聖人を敬い・・、実りの収穫を祝って・・・、明日は変装してみましょうか!!f0126417_228503.jpg
ちなみに・・・変装するとしたら・・・わたくしは、魔女さんよりも妖精さんがいいなぁ・・・!!

今日のケーシーの言葉
「偶然に出会う人はほとんどいない。どの機会も何らかの経験の機会である。」(3246-1)

[PR]

by shining-angel | 2009-10-30 17:14 | Angelの日記

~ジュセリーノとの時間~

懸賞 2009年 10月 28日 懸賞

ジュセリーノは、本当に大切なことを、ウィットを通じて伝えてくれます。
昨夜の講演会では、まるで・・キリストのたとえ話のように・・・寓話的に・・しかしユーモアを持って
大切なポイントをわたくし達に伝えてくれるのです。f0126417_0173227.jpg

「Free Hug Tree Hug」の語呂で表されるように、
 わたし達は、人種や信条を超えて、沢山の人たちと愛を持ってハグし合うことは、
自然と一体となり自然を守る気持ち、木の英知を頂くような敬虔な気持ちで木をハグすることと同じくらい、大切なことです・・と!!

子供達に誇れる未来を作り、この素晴らしい地球を残し伝えることこそが、大切なことだと・・!!

2012年に向けて、皆で力を合わせて大変な事態を乗り越えてこそ、みんなの心が一つになることなのだと・・・。

今日は、敬愛するマザー・テレサの御言葉をお送りいたします。

 愛は、今日始まります。
     今日、誰かが苦しんでします。
     今日、誰かが路上にいます。
     今日、誰かが飢えています。
 わたし達の働きは、
     今日という日の為にあるのです。    
     昨日は過ぎてしまいました。
     明日はまだ来ていないのです。
     貧しい人の姿をしたイエス様を知って
     愛して、食べ物をあげ、服を着せて
     宿を用意することのために
 わたし達には、今日だけがあるのです。
     明日まで待ってはいけません。
     今日、わたし達が彼らに食べ物をあげなければ、
     彼らは、明日はもう・・・いないでしょう。

[PR]

by shining-angel | 2009-10-28 00:24 | Angelの日記

ジュセリーノから学ぶこと

懸賞 2009年 10月 25日 懸賞

来札中のジュセリーノの、正式通訳さんがいらっしゃらない時に、にわか橋渡し役を仰せつかって・・・数日。
ジュセリーノのそばに居ると、本当に彼が素晴らしい人物だと実感します。

きちんと伝わっているかどうか、心配していると・・・
大切なのは、言葉を直訳して伝えることではなく、深くハートに落としてから、本当に伝えるべきことを
ハートから伝えるのが大事だから、流暢に話せるからGoodで、片言だからBadではないんだと、、、
お互いのフィーリングの大切さ、そこに哲学的思いがあるかないか・・それが、大事なんだと・・・。
とても、深くて・・大切なことを伝えてくれます。

彼は、予知夢を見ることで、それを伝えることの使命は、「今、行動を起こすことで、それらを未然に防げるかもしれないので、そのことを伝えたいのであって、混乱や心配を起こさせることは本位ではない・・」と、何度も何度もおっしゃっていました。

家族が仲良くあること、周りにいる人が仲良くすること、助け合うこと・・・こんな普通のことが、
今、本当に見直されなければならない時期なのかもしれませんね。


今日は、アッシジの聖フランシスコの言葉をお送りします。
           平和の祈り
      主よ わたしをあなたの平和の道具にしてください。
          憎しみのあるところには愛を   f0126417_2045039.jpg
          争いのあるところには赦しを
          分裂のあるところには一致を
          誤りのあるところには真実を    
          疑いのあるところには信仰を
          絶望のあるところには希望を
          闇のあるところには光を
          悲しみのあるところには
          喜びをもたらす人にしてください

      主よ 慰めるよりも慰めることを    f0126417_202586.jpg
          理解されるよりも理解することを
          愛されるよりも愛することを
          求めさせてください

          なぜなら
          人は自分を与えることによって与えられ
          自分を忘れることによって自らを見いだし
          すすんで赦すことによって自らも赦され
          人のために死んでこそ
          永遠のいのちに生きるものだからです

[PR]

by shining-angel | 2009-10-25 20:04 | Angelの日記

~パステル和アート~

懸賞 2009年 10月 24日 懸賞

秋は・・・、読書と、食欲と芸術の秋!?
今日も楽しくエキサイティングな和みアートのひと時でした!

みんな・・みんな・・・アーティスト! 次々とアーティストが誕生して嬉しい限りです。
描く事は・・内面の開放と自分の宝物発見なんですよ!
f0126417_113249.jpgf0126417_12528.jpg
Yukariさん作品









f0126417_124171.jpgf0126417_1389.jpg
Ykari & Mikiさん 作品








今日のケーシーの言葉
「自分の願いは成就されるという期待をもって事に当たるなら、その願いは本当に
 成就される。」 (456-1

[PR]

by shining-angel | 2009-10-24 01:10 | パステル和(NAGOMI)アート

盛り沢山の一日

懸賞 2009年 10月 22日 懸賞

今日は、お天気も良かったので、午後から西区福井の手前にある「御岳神社」へお参りに行きました。
360度素敵な風景が見える、紅葉の素晴らしい場所でした。

そして、夜はキタラでの「カンバタンゴ楽団」のコンサートに行って参りました。
現地で活躍中の平田耕治さんのバンドネオン(アコーディオンの一種です!)のすばらしい事!!
タンゴの歌と情熱的なダンスも堪能出来て・・・・心はアルゼンチーナでした!

終演後・・・場所を移して、ブラジルから千歳に着いたばかりのジョセリーノ(予知夢の本を沢山出版している・・あの・・・ジョセリーノです!)と1年ぶりに会うことができました!。
f0126417_12939.jpg

ジョセリーノは、「わたくしが見た夢の警鐘を世界に発信することは、それを知ることにより事前策が講じられ、実際に起こらないことが望まれるからです・・・」と、おっしゃっています。

祈ることも大事なことだとおっしゃっていました。
そして、祈ることと、同じように・・・アクション(行動)を起こすことが最も大切だと訴えていらっしゃった。

「これから起こるかもしれない色々な事を防ぐ為に、今できることをすることにより、
わたくしの見る予知夢は、本当に生きてくるのです・・・・」と、
ジョセリーノがおしゃっていたことが、とても印象に残りました。

そう!
できる事をする・・・・地球や一人ひとりの為に、目の前にあってできる事を、みんなでやっていきましょうね!


今日のケーシーの言葉
「あなたの試練、トラブル、そして失望さえも、
         神の道をよりよく知るための踏み石として数え上げよ」 (262-83)
 (
[PR]

by shining-angel | 2009-10-22 01:04 | Angelの日記

~素晴らしかった聖画展とチェロ演奏~

懸賞 2009年 10月 17日 懸賞

北広島の夢プラザホールで開催された「聖画展」本当に素敵でした!
紹介下さったKちゃん本当にありがとう!
友人のお子さん天使ちゃんたちと一緒に2時間以上も滞在したでしょうか!
田中牧師の描く「聖画」には、
聖書を通じて知るキリストの世界が、
美しく・・・切なく・・・敬虔に・・描かれていました。

チェロ演奏も素敵でした。
彼女は、まるで・・・ゲッセマネの園で最後の祈りを捧げるイエスを深い愛で励ました大天使カマエルのように
美しい方でした。

北広島は、とても素敵な空間で、これからの紅葉が美しく映えるであろう・・とても清らかな空間でした。
f0126417_22544369.jpg
f0126417_2311018.jpg



今日のケーシーの言葉
「まず自分と共に生きることを学ぶこと。そうすれば、他人と一緒に生きられるようになるだろう」(5392-1)

[PR]

by shining-angel | 2009-10-17 23:05 | Angelの日記

~秋の聖画展~

懸賞 2009年 10月 16日 懸賞

教え子から素敵なお便りが届き、「秋の聖画展」のご案内を頂きました。f0126417_1193886.jpg
昨夜、81歳でブログを始めた母と重ねて「大公の聖母」を載せましたが・・・・
なんと・・・その絵がご案内の中心の絵でした!

シンクロ・・・

これは、
皆様にもお知らせしなくっちゃぁ~!と、思い、明日のことですが
ご案内致します。

                秋の聖画展
 日時 10月17日(土) 午前10時~午後8時まで
 場所 北広島市大曲370番地2  夢プラザ 1F 多目的ホール
     午前11時~ 午後1時半~ 午後4時~ それぞれチェロの生演奏もあるそうです!

  素敵そうですね!  
  聖画とは、聖書の人物を描いた絵画で、イエス・キリストの作品を中心に、忠実に模写した
  作品を、今回は13点ご紹介くださるそうです。

  知らせてくださったKちゃん!ありがとう!
  


  今日のケーシーの言葉
 「物を食べたら、それがあなたの身体の中で本来の働きをしていることを想像せよ」 (341-31)

[PR]

by shining-angel | 2009-10-16 11:12 | Angelの日記

81才のブログ

懸賞 2009年 10月 15日 懸賞

80歳のお誕生日お祝いにパソコンが欲しいと言った我が母・・・・!!
それから、1年10ヶ月くらいが過ぎましたが・・・なんと・・その後パソコン教室に通い、
ついに・・・
ブログを始めてしまいました!!f0126417_201096.jpg
驚愕!!
おそるべし・・我が母!! あっぱれ!我が母!!
わたくしは・・
あなたの子として生まれて、本当に幸せに思います。

戦前・・戦中・・戦後を経験し・・・ロシアに3年も捕虜として生き抜いた父と出合った母・・
艱難辛苦を体験した母・・・・
けれど・・・・、どんな時も、いつも学ぶことを忘れなかった母は、
現代女性の前身・・・鏡だと・・
そんな風に・・・、身内の色眼鏡を超えて、尊敬する素敵な母は・・・
実は、とってもチャーミングで・・可愛い女性なんですよ!!

今日はじめて彼女のブログを覗き・・・「う~~~ん!!凄い!!」と、唸ったわたくしでした(笑)!!
60歳で亡くなった父の分も長生きをして、人生を謳歌して欲しいと思います。

今日のケーシーの言葉
「不安は、何によって生き、何を理想とすべきかまだしっかり定まっていないことから生じる。
不安はつまずきの種である。そして、このつまずきが身体に病をもたらすのである。」(538-33)

[PR]

by shining-angel | 2009-10-15 20:15 | Angelの日記

~トラピスト修道院にて~

懸賞 2009年 10月 14日 懸賞

先日の小旅行で、トラピスチヌ修道院と、トラピスト修道院を訪ねたことをご報告致しましたが、
今日は、トラピスト修道院にて、ご親切を頂いた神父様のお話をしたいと存じます。

トラピスト修道院として、ここ当別の修道院が正式に「灯台の聖母修道院」と命名されたのは、
1986年8(明治29年)のことだったそうです。
8名ほどの神父様の手により、当時、石ころだらけの荒野の原野だった土地を、艱難辛苦を乗り越えて、
開墾し、現在の肥沃で酪農にも適した雄大な土地に作り上げたのだそうです。
f0126417_2032351.jpg

寒い冬、寒風吹きすさぶ中にあっても、黙々と開墾し続け・・・・
ホルスタイン種の牛を育て、酪農の基礎を作り、
「祈りと労働」を通して、キリストと共に歩んだ沢山の神父様たち・・・。
その確かな祈りの意思が、静謐な中にも凛と構えたダイナミックさをも感じました。f0126417_2073790.jpg

私達が、下から・・息を切らせてルルドのマリア様を目指している時、友人が
急にお腹の具合がよくなくなり・・・どうしたものか・・・下に戻らなければならないかしら!!・・と、f0126417_2039295.jpg
思った矢先・・
作業服を着られた神父様が、こちらに向かって歩いてこられ・・・、
お願いしたところ・・・
快くお手洗いをお借りでき、無事山を登ることが出来たのでした。
そこへ行き着くまでの、風景の美しいことといったら・・・
静かな中に、美しいエネルギーが流れ、放牧のあとも見られ・・・
しかし、全てが美しく整っており、自然と時間の流れが一体となっていたのでした。
放牧場と思われる草原を、横切るキタキツネさんも姿を見せてくれ、
本当に、こころ洗われる風景でした。
息を切らせて、登りきった階段の先には、ルルドのマリア様が、紅葉の始まった美しい蔦の石砦に
ひっそりとたたずんでいらっしゃいました。f0126417_20352993.jpg

マリア様に、お名残惜しく、お別れをしてからの帰り道もまた楽しく・・・・私達4人は、何だか心洗われるひと時を過ごしたのでした。

そして、
最後に、お礼をお伝えしようと・・・窓を・・コツコツ!!と、先ほどの神父様のお仕事場の窓を叩きましたら・・・
ニコニコと笑顔で振り向いてくださった神父様は、採りたての栗の紙袋を手渡してくださったのでした!!
「紙袋」が、「神福ろ」に思えた瞬間でした!
本当にありがとうございました!!

私達も、日常に祈りをこめて、日々過ごしたいものだと・・・・それぞれが、心に刻んだのでした。
まさに・・・「一期一会」がありました。
神父様、ありがとうございました。

あまりにも、自然な流れで、美しい神父様の行為だったので・・・、
おもわず・・・下の売店にてお名前をお聞きしてしまった
わたくしたち俗人でした!
f0126417_20403093.jpg

函館には、わたくしたちの知らない沢山の歴史がありました!
大好きな街になりました。



今日のケーシーの言葉
「前進であれ後退であれ、そこには進展がある。
                   大切なことは、動くことだ。」 (3027-2)


朝夕、ストーブに火を灯す季節になりましたね!季節の変わり目故、どうぞ、ご自愛下さい。
[PR]

by shining-angel | 2009-10-14 20:52 | Angelの日記

~函館への小旅行~

懸賞 2009年 10月 12日 懸賞

今年中に、函館のトラピスチヌ・トラピストのマリア様にお会いしに函館へ行こう!!と、
春から決意していたことを、遂に実行致しました!!f0126417_2139381.jpg

函館への旅は、7・8年振りでしたが・・・
高速道路が、八雲の落部まで延びていて・・おまけに週末祝日には、ETCが何処まで行っても1000円となっていて、以前の・・・「少し遠い函館」から、「遠くて・・意外と近い函館!」に、印象ががらりと変わりました!


大沼プリンスホテルに泊まり、お部屋やレストラン・露天風呂から、駒ヶ岳の色々な表情をも眺めることが出来、圧巻でした。美しく雄大な山でした。

わたくしのパートナーが、もう30数年前に・・始めて北海道に来た時、列車から駒ヶ岳が目に飛び込んできた時の印象を「外国に来たかと思った!!」・・・・!!と、言っておりましたが・・・・、
本当にそんな風に思える駒ヶ岳がそこに悠々とそびえておりました。
紅葉の始まったその雄姿は、本当に美しかったです。

トラピスチヌのマリア様、トラピストのルルドのマリア様・・・
共に美しく・・・・心を洗われました。f0126417_21402331.jpg

明治31年にたった8人のシスターで始まったといわれるトラピスチヌや、広々とした土地や牧場を今の姿に作り上げたトラピスト修道会は、本当にご苦労の末の伝道の歴史なのですね!

静謐で、深い沈黙と労働の中の瞑想が感じられる・・・
美しい、美しい空間がそこにはありました。f0126417_214246.jpg

若い時には見落としておいたことが、今回の旅で拾い集めることが出来て・・・・
これからは、度々訪れたいと・・・心に刻んだ旅でした。

函館は、素晴らしい歴史と文化に育まれた土地でした。



今日のケーシーの言葉
「誰かの助けになりたいと思うだけでなく、実際に具体的に誰かを助けるような経験を
日々に適用せよ。そうすれば、自分自身がさらに助けられることになる。」 (386-3)

[PR]

by shining-angel | 2009-10-12 21:58 | Angelの日記