~アクエリアス時代の女神達~武藤悦子先生と相川七瀬さんのジョイントから ①

懸賞 2007年 04月 27日 懸賞


f0126417_12252153.jpg
武藤悦子先生と相川七瀬さんが座った椅子と、
                オーガンジーに桜がちりばめられた素敵なカーテン

 
 春休みを利用して、日本のオーラソーマ・カラーセラピーの草分け的存在であり、いつも真摯な態度でオーラソーマの世界をリードされている武藤悦子先生と、歌手で1200万枚もの売り上げを、さらに更新しながら、日本最年少オーラソーマ・ティチャーである相川七瀬さんのジョイントセミナーに参加してきました。武藤先生は、オーラソーマだけに留まらず、心理カウンセリングや、カバラ、レイキにも精通されていらっしゃり、真の意味でのカウンセラーだと、私の尊敬する大先生方の中のお一人でもあります。span>


 今日は、お二人が話題にされたお話を中心にご紹介したいと思います。
 
 これからの新しい時代=アクエリアス(水瓶座)の時代は、女神の時代といえるのだそうです。
それは、競争ではなく協力。お互いが争って成果を競い合ったり、相手と勝ち負けを競うのではなく、お互いに手と手を取り合って、協力しながら「愛と光」(Love & Light )を、共に創造していくこと。スピリチュアルな事を、もっとオープンに楽しく学び、日々の生活や人生に活かし、女性が直感を使いながら、もっともっと自分を表現していくことができる、そんな時代なのだそうです。

 そして、私たち、ひとりひとりの中に女神の神聖なエネルギーがあり、日常の様々な場面に、カラーを通して多くのインスピレーションを感じ、お互いに与える事が出来るのだという、そんな、華麗、繊細、且つ優しさと強さにあふれた、エキサイティングなジョイントセミナーでした。
Key Word は、「受容」・「気づき」・「分かち合い」・「創造」などを通した「愛と光」・「輝き」・「ハート」でしょうか!!




f0126417_23122160.jpgオーラソーマでは、女神のカードというと、私は、B34番のヴィーナスの誕生や、B52番のレディ・ナダがすぐ思い浮かびますが、女神にまつわるお話が出てくるボトルは結構あるのですね。B34番ヴィーナスの誕生は、その名の通りボッテチェリのヴィーナスの誕生を思い浮かべる方が多いと思いますが、正に純真無垢な神聖な意識がターコイズの海から生まれ出でた瞬間の喜びや、好奇心旺盛にあふれたパイオニア精神の息吹きが感じられ、B52番レディ・ナダのレディ・ナダという意味は聖なる音という意味です。三叉や波紋のように広がる高い音は、その場の雰囲気そのものや、場の派動を、凛として、しんとして、整える作用があります。f0126417_23125860.jpg

 これら今回のジョイントセミナーのメインテーマカラーになった「ゴールド」と、「グリーン」のお話しを、次回のテーマにしたいと思います。
[PR]

by shining-angel | 2007-04-27 23:13 | オーラソーマ(R)カラーセラピー

<< ご連絡は下記アドレスまでお寄せ下さい   ~色の話し~PINK~② >>