~寺山心一翁さんからのお便り~

懸賞 2012年 06月 23日 懸賞

寺山さんが時々メールにお便りをくれます。
今回は、原発についての意見もあり、わたくしもその通りだと思います。
日本の政治家は、何を一番大切に思うのか・・、もっともっと真剣に、考えていただきたいところです。
以下~お便りから

6月19日の夕、東京付近を台風4号が通過しました。
久しぶりの直撃でした。傘をさすこともできない強風の中を、私はずぶ濡れになって事務所から家に帰りました。 ○ - ○ - ○ - ○ - ○ - ○ - ○ - ○ - ○ - ○ - ○ - ○ - ○ - ○ - ○
台風が去った翌朝、オフィスから富士山を眺めました。
頂上は雲に隠れていましたが、秀麗な姿のその下に、丹沢山系や奥秩父の山並みを鮮やかに見ることができました。
強風で、汚れた空気がきれいに払われた後は、梅雨時期でも何か清々しく感じました。
自宅からオフィスに向かう途中で神明宮に立ち寄り、神様の自然の営みに感謝して、手を合わせました。 雨、風、・・・自然が起こす現象は、私達に様々な恵みを与えてきました。
過度なものでも、修復は可能です。困難にあっても、自ら回復する治癒力を持っているのです。

しかし、人間がつくりあげたものには、容易に修復できないもの、人間が制御できないものがあるのです。 歩きながら、考えていました。
福島原発の後処理がいまだ解決していない中で、大飯原発を再開する決定を行わざるを得ない、政府の方針に対して、本当にこれでよいのか、と疑問を持ちました。
決断の順番が間違ってないのか?
なぜ、国民に違和感を与えるのだろうか? 神明宮の片隅にあった、May Peace Prevail On Earthと書かれたポールを見て、さらに感じるところがありました。

もし、政治家の意識が高まり、智慧が深まりさえすれば、彼らに見えるものが変わるはずです。
国も変わるでしょう。
今、14年ぶりに、梅雨の季節を味わっています。昨年まで13年続けて、この時期はアメリカに行っていました。
今年は久しぶりに、日本で過ごす6月下旬となりました。
来週末のワークショップや、7月の講演のお知らせなどを下記に書きました。ご覧ください。
どこかでお会いできれば幸いです。
私は、益々元気です。 愛  心 


f0126417_14423463.jpg

[PR]

by shining-angel | 2012-06-23 14:34 | Angelの日記

<< ~平和の象徴~   ~大天使アンブリエル 誕生~ >>