~ 第十二の予言 ~

懸賞 2012年 02月 16日 懸賞

月曜日からインフルエンザで伏せっていましたが、きっと、神様が「少しゆっくりしなさい!」と、メッセージをくださったのか、ひどい高熱にもならず、体の節々が痛む程度で、今、終息に向かっているところです。

身体の中で、ウイルスが暴れているときには、「人はなんて弱いのだろう・・」と、思い、こうして良くなると、「人はなんて強いのだろう・・・」と、思ってしまうわたくし・・・。
バランスをとることの大切さを身をもって体験。

そして、ひさびさに読書三昧の醍醐味に浸れた嬉しさや充実感もあり、回復期の今、ありとあらゆるものに感謝の気持ちを抱きたくなるのは、読んだ本の所以かしら・・・と。

山川ご夫妻の「第十二の予言」は、素晴らしく良い本でした。f0126417_17321444.jpg
とても大きな課題のような気もしますし、けれど、それができたら、世界が、世の中が変わる・・・。という、内容でもあるのです。
セドナや、エジプト、シナイ山などの描写も出てきて、物語もドキドキワクワク・・、そして、考えさせられ、共に高揚する不思議な本でした。

是非ともご一読あれ!!

ご夫妻の同時期に書かれた「30冊の本」も、また、素晴らしく、そのほとんどを読んでいたので、わたくしの歴史でもあり懐かしく読みました。

とても、心に響く一文がありました。

「わたしたちが何をするかは大事なのではないのです。何者であるかが大事なのです・・」と。

深い言葉ですね。


本当に、インフルエンザが流行しているようです。

どうぞ、みなさんもご自愛くださいね。


[PR]

by shining-angel | 2012-02-16 17:37 | Angelの日記

<< ~オーロラ写真家中垣さんからの...   テルミン奏者 やの雪さん~ >>