~ ウインブルドン そして 旅のおわり ~

懸賞 2011年 06月 22日 懸賞

圧巻だった伊達VSウイリアムスの試合。
座席がウイリアムスのベンチの向かい側、前から二列目でしたから、迫力満点、伊達のスピード感も小気味良いリズムも、手に汗に握りながら観れました。(札幌の親友はテレビに映るわたくしを見た!と言って電話をくれました!)f0126417_920594.jpg

伊達にとったら、本当に惜しい・・・サーブの違いが、2ポイント続けてポイントが取れていたら勝敗は、また違ったものになっていたのではないかと・・・、本当に残念な負けではありましたが、素晴らしい内容のテニスで、テニス観戦の醍醐味を改めて感じました。

f0126417_9221427.jpg

伊達とウイリアムスに、心から敬意を払う試合内容でした。
次の日には新聞の一面に載りました!

続く、ナダルの試合も迫力満点でした!!
さすが・・・、世界NO1。 
男子の試合は、またまた・・・・迫力が違いました。

長年テニスに関ってきて、神様から頂いたご褒美のような今回の観戦。
ウインブルドンは、何もかもが素敵な経験で、中毒になってしまいそうな・・・
それほど、素晴らしい大会でした。

後ろ髪惹かれつつ3日間の観戦を終えイギリス滞在も明日のみ。
1ヶ月の旅を終え、明日は帰国の日。f0126417_9461917.jpg

長いような・・・短いような・・・とても濃い内容の充実した1ヶ月でした。

旅は、自分を見つめ、他を見つめ・・・文化や週間の違いを感じ、
また、それぞれの土地の匂いや風土に触れ・・、
ひょっとしたら・・・遠い前世・・・ここに居たのではないかしら!!
と、思うような・・・そんな場面・デジャブーを感じるような、そんな場面も沢山ありました。

サクラダファミリアは、何百年経ってもいまだ建設中・・・。
きっと、わたくしが生きている間は、勿論完成しなく・・、息子や孫の代にはどうなっているのかしら・・・と、
思いを馳せたり・・・、
聖フランチェスコとここを慕い、ここに居たのかも・・などと・・
妄想が膨らんだりしたことも、旅の思い出です。

本当に、
素晴らしかった。

旅を加護してくださった見えない世界からのサポートへの感謝と
わたくしの宝物の教え子、イギリス在住のsさん!、
あなたからの旅へのアドバイスに心から感謝します。どんなに心強かったことか・・・。

あらためて、沢山の人のお陰で、人は生きているのだと思います。
一緒に旅をした、マリア様やイエス様、マザーのお写真、サイマーのお写真、などなど・・見えているものの背後にある、見えないものの存在への畏敬の念をあらためて感じたわたくしです。

f0126417_9504972.jpgそして、ユーモアたっぷりのお酒の神様バッカスは、いたるところの美術館で顔をあわせ、
その土地土地のおいしいお酒を紹介してくれ、お食事を楽しく盛り上げてくれたのでした!!

アルコールを飲めなかったわたくしがワインの楽しさを覚えたのは、きっとバッカスのお計らい?!かもしれません!

すべてに感謝しつつ、イギリスの緑と伝統に感謝しつつ、明日は・・日付が変わって24日の日本に到着です。

f0126417_941503.jpgまた、旅の思い出を綴りたいと思います。

すべてに感謝を捧げます。

[PR]

by shining-angel | 2011-06-22 22:48 | Angelの日記

<< ~ 緑が色濃くなった札幌!~   ~ ウインブルドン観戦 ~ >>