~ 最後の晩餐 ~

懸賞 2011年 06月 04日 懸賞

イタリアに入りました。
ミラノ初日、何はともあれ・・・、ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」を観たくて、ホテルにチェックインをしてすぐに、サンタ・マリア・デッレ・グラッツイエ教会に向かいました。
インターネットでの予約は、既にチケットが売り切れていた状態だったので、運がよければキャンセルチケットが手に入るかもしれないと思って向かったのです。
教会到着が2時半、受付で問い合わせをすると4時の入場にキャンセルがあるとのこと!!
「ブラボー!! やった!!」「ありがとうございます。イエス様!! マリア様!!」と、思わず感謝でした。
待っている間に、美しい教会をゆっくり巡り、ダ・ヴィンチの特別展が開催されていたので、直筆の手紙やメモなどアイデアが沢山書かれた手紙なども観る事が出来ました。

「最後の晩餐」は、圧巻でした。
修道院の食堂に描かれた壁画ですが、ダ・ヴィンチが3年の歳月をかけて仕上げ、未完の作品が多い彼の作品の中では数少ない完成された作品で、「後世に残る傑作」といわれている意味が分かる作品で本当に感動しました。


f0126417_5212755.jpg


その後、ドゥオーモへ。
塔の上へ上りましたが、その装飾のなんと素晴らしく美しかったことか・・・・。

ステンドグラスの素晴らしさ、絵画の素晴らしさ、彫刻の素晴らしさと荘厳さは、ただただ驚嘆でした。
f0126417_5264999.jpgf0126417_527166.jpg





f0126417_5284627.jpgf0126417_5292142.jpg








ミラノは、芸術とファッションの街、本当にその通りです。
パリに比べると町並みや街そのものは綺麗ではありませんが、文化の表現の違いを感じました。

ウィンドウショッピングも目に楽しく映りました。

3日後の今日、ユーロスター1等に乗り、水の都ゴンドラのベニス入り。
迷路のような運河と道路に翻弄された初日、・・・・。人で溢れかえっていたサンマルコ広場では、カンツォーネを聴きながら軽食を頂き、映画「旅情」や「ツーリスト」に思いを馳せたひと時。
では、また・・・、旅を綴りたいと思います。

[PR]

by shining-angel | 2011-06-04 05:41 | Angelの日記

<< ~ 水の都 ベニス~   ~ 豪華絢爛ベルサイユ宮殿 ~ >>