~ 虹の天使 ~

懸賞 2010年 03月 07日 懸賞

先日、友人達が主催した「地球村」の高木善之さんの講演会に行ってまいりました。

相変わらず、パワフルで、歯に絹着せない物言いで・・・会場を切諌していらっしゃいました。
氏の著書の、「自分を変える・世界を変える」シリーズの4冊は、わたくしも大好きで、読む度に胸が熱くなります。
その中の「 虹の天使 」のご本の中のお話しが、先日来載せております、マザー・テレサのお話や、マヤの長老と会談後そのご報告に札幌にもよくみえている、浅川先生のお話とも重なります・・・・
そんなわけで、今日は、「 虹の天使 」のお話です。f0126417_13403781.jpg

本の一節から・・・・
「アメリカ先住民には、「 虹の戦士 」の伝説があります。
 世界がまさに滅びようとするとき、
 みんなを救うために虹の戦士たちが現れる。

いま世界には、環境破壊、飢餓貧困、戦争など大きな問題があります。
地球温暖化、森林破壊、砂漠化、オゾン層破壊が深刻化しています。
 あなたは、こうしたことをどう感じていますか?
 私は、世界の終わりが来ないことを願っています。
それらの危険を知らせる人、破局を避けるために全力を尽くす人が増えることを
願っています。
 だから、この伝説には大きな希望を感じます。
平和なイメージにするために、「 虹の戦士」 を「 天使 」 に置き換えました。
世界がまさに滅びようとするとき、
みんなを救うために虹の天使達が現れる。・・・」

 
本当に、偶然(必然?!)から、わたくしの所に「ご出現」のように飛んできてくださった
マザーのお写真のお部屋の入り口の番号が「 54 」と、あったのですが、 オーラソーマでは、54番のボトルは、「セラピスベイ」(虹の戦士)を表すボトルなのです。
偶然を超えた、必然。  。。。。 私たちに見せてくださっているように思えました。
誰かが何かをしてくれるのではなく、自ら一人ひとりが「虹の戦士」(虹の天使)となるよう、促されているのだと・・・・・

また、アメリカ先住民の言葉には「7世代前の生活を7世代後に残す。何かを決める時、7世代先のことを考えて決める。」という言葉があるそうです。
わたくしたちは、無限の命のつながりの一点であり、私たちの命は過去と未来を繋ぐ架け橋です。

架け橋となれるよう・・・・
サイモンとガーファンクルの歌「明日にかける橋」のように・・
「あなたが水溜りで渡れなくて困っているなら、
    わたしは、自分の身体を横たえて、あなたの架け橋になろう・・」 

(・・Like a bridge over troubled water , I will lay me down,・・・・)

そんな心をいつも持ち合わせたいですね。

お勧め本
「聖母マリアからのメッセージ」 PHP 社 菊川 泰明 著
「2012年の真実」 学習研究社 浅川 嘉富 著
「ありがとう」「だいじょうぶ」「いのち」「虹の天使」地球村 高木 善之 著
「愛は傷つく」 マザー・テレサ ドン・ボスコ社 

今出来ることを、わたくしからスタートしたいと・・その思いを強くしたこのところの出会いです。

今日のケーシーの言葉
「今日をどのように過ごすかによって、明日、喜びや希望や幸福がもたらされるか、
           悲しみや疑いや恐れがもたらされることになる。」 (262‐121

[PR]

by shining-angel | 2010-03-07 13:37 | Angelの日記

<< ~イギリスからの便り~   ~ 素晴らしい感性!~ >>