インビクタス~負けざる者たち~

懸賞 2010年 02月 24日 懸賞

映画「インビクタス~負けざる者たち~」を観て参りました。
監督は、クリント・イーストウッド、そして南アフリカ共和国大統領ネルソン・マンデラ氏が
私たちに伝えたメッセージはとてつもなく大きなものだと・・・・、
映画を観終わってもまだ、席を立てないでいたわたくしでした。
f0126417_002179.jpg

『インビクタス』という詩に載せて南アフリカ共和国ラグビー代表チームに伝えられたこのメッセージはなんという不屈の魂の誇りでしょうか!!

           『インビクタス(Invictus)』            

            私を覆う漆黒の闇
           鉄格子にひそむ奈落の闇          f0126417_082383.jpg
          私はあらゆる神に感謝する
           我が魂が征服されぬことを

           無惨な状況においてさえ
         私はひるみも叫びもしなかった
        運命に打ちのめされ血を流しても
             決して屈服しない

           激しい怒りと涙の彼方に
          恐ろしい死が浮かび上がる
        だが長きにわたる脅しを受けてなお
          私は何ひとつ恐れはしない

            門がいかに狭かろうと
         いかなる罰に苦しめられようと
           私が我が運命の支配者
             私が魂の指揮官

続く不況の中、人々の心がすさみかけていたり、自尊心を傷つけられ、失いかけている中で、
クリント・イーストウッドが世界中の人々に向けたメッセージであり、マンディラ氏のメッセージであると思います。人は何のために自分自身を奮い立たせるのか問いかけているようにも思います。

『インビクタス(Invictus)』の意味は、
ラテン語で『征服されない』とか・・『不屈』という意味だそうです。

まだ、ご覧になっていらっしゃらない方、是非ご覧下さいね。

昔・・・体育会系のわたくし、ラグビーも大好きですし、教え子達には沢山の
ラグビーの猛者たちがおり、彼らを思わず思い出したわたくしでした。
勇敢たれ、勇猛たれ、真の勇者たれ・・・と、この映画は語っているように思えました。

それにもまして、マンデラ氏の人を赦す心の大きさ、国を、民族を思う志の大きと誇りに
あらためて胸を打たれました。


今日のケーシーの言葉
「待ち望むことにうみ疲れてはならない。
 なぜなら、忍耐においてあなたは自分の魂に気づくからだ。」(2144-1)

[PR]

by shining-angel | 2010-02-24 00:12 | Angelの日記

<< ~愛は傷つく~ マザー・テレサ   ~祈ること~ >>