ジュセリーノから学ぶこと

懸賞 2009年 10月 25日 懸賞

来札中のジュセリーノの、正式通訳さんがいらっしゃらない時に、にわか橋渡し役を仰せつかって・・・数日。
ジュセリーノのそばに居ると、本当に彼が素晴らしい人物だと実感します。

きちんと伝わっているかどうか、心配していると・・・
大切なのは、言葉を直訳して伝えることではなく、深くハートに落としてから、本当に伝えるべきことを
ハートから伝えるのが大事だから、流暢に話せるからGoodで、片言だからBadではないんだと、、、
お互いのフィーリングの大切さ、そこに哲学的思いがあるかないか・・それが、大事なんだと・・・。
とても、深くて・・大切なことを伝えてくれます。

彼は、予知夢を見ることで、それを伝えることの使命は、「今、行動を起こすことで、それらを未然に防げるかもしれないので、そのことを伝えたいのであって、混乱や心配を起こさせることは本位ではない・・」と、何度も何度もおっしゃっていました。

家族が仲良くあること、周りにいる人が仲良くすること、助け合うこと・・・こんな普通のことが、
今、本当に見直されなければならない時期なのかもしれませんね。


今日は、アッシジの聖フランシスコの言葉をお送りします。
           平和の祈り
      主よ わたしをあなたの平和の道具にしてください。
          憎しみのあるところには愛を   f0126417_2045039.jpg
          争いのあるところには赦しを
          分裂のあるところには一致を
          誤りのあるところには真実を    
          疑いのあるところには信仰を
          絶望のあるところには希望を
          闇のあるところには光を
          悲しみのあるところには
          喜びをもたらす人にしてください

      主よ 慰めるよりも慰めることを    f0126417_202586.jpg
          理解されるよりも理解することを
          愛されるよりも愛することを
          求めさせてください

          なぜなら
          人は自分を与えることによって与えられ
          自分を忘れることによって自らを見いだし
          すすんで赦すことによって自らも赦され
          人のために死んでこそ
          永遠のいのちに生きるものだからです

[PR]

by shining-angel | 2009-10-25 20:04 | Angelの日記

<< ~ジュセリーノとの時間~   ~パステル和アート~ >>