3夜連続 及川さん&ウォンさんセッション終わる

懸賞 2009年 08月 22日 懸賞

真夜中の2時ですが・・・先ほど、打ち上げが終わり帰りました。
3夜で、120人近いお客様が来てくださいました。
素敵な空間「ギャラリー門馬でのライブでした。        (リハ前のウォンさの後姿を激写)f0126417_2162980.jpg
及川さんの歌になじみのない方も、聴いて納得してくださり・・・・
勿論、ウォンさんファンは、凄さと透明さを増すウオンさんに改めて感動の3日でした。
わたくしの、友人知人・・そして、そのお友達や教え子・・お父様やお母様まで・・・
足を運んでくださり、本当にありがとうございました。

ギャラリー門馬が素晴らしい空間・・とはいえ、「マイク無し」の生の声での歌唱は・・・・
及川さんも、どんなに勇気がいった事か・・・・。
その、並々ならぬ決意に、敬意を表します。

わたくし・・・根っからの体育会系ですが・・
その、体育会系だからこそ読める、人の心理・・心のありよう・・・移り変わり・・・
音楽を趣味以上にしている、我が弟君には、いつも少々小馬鹿にされるわたくしですが・・・
体育会系の研ぎ澄まされた、間を読む機微、停めた時の呼吸の音までも感じてしまう・・・
動物的感が、あるのです。f0126417_2233766.jpg
歌えないからこそ・・・、弾けないからこそ・・・聴くこと・・呼吸を感じることで、
読める、感じる世界もあるのですね!
音楽や、絵画、アートを感じる・・というのは、きっとこういうことですね!

ウォンさんとのセッションは、及川さんにも、きっと新境地を見出す素晴らしい体験だったと思います。
同時に、ウォンさんにとっても、ソロではなく、相手と呼吸を合わせながら
(相手を守り立てる女房役の野球のキャッチャーのように、)奏でるピアノの音は・・
まさに、一期一会・・・一瞬一生・・・のセッションだったと存じます。

一番は、いらした皆さんに楽しんで頂けたか。。。
納得してお帰りになられたか・・・が、
やっぱり、大事な・・忘れてはならない点ですね。

「ギャラリー門馬」は、凄い!!f0126417_2214235.jpg
素敵な空間でした~~
オーナーの大井さんも素敵な女性でした。ありがとうございました。

貴重な体験をありがとうございました。



今日のケーシーの言葉
「もっと、忍耐強くあれ。あなたは何年もかけて具合を悪くしてきたのだ。
だから、それを1日で感知させようなどと虫のいいことを考えてはならない。」(716-3)


明日は、1日上映会の 映画「純愛」(ウォンさんが音楽を作りました!=映画監督)上映会です。
音楽が素晴らしくて・・・映画を2倍も3倍も引き立てています。
まだ、ご覧になっていない方・・・人の感想よりも・・先ずは、ご自分の目でご覧頂けると嬉しいです。
[PR]

by shining-angel | 2009-08-22 02:26 | イベントのお知らせ

<< 久々の 「純愛」 札幌上映会   ウォンさん 三角山放送に生出演 >>