色映みほさんのブログに載りました!

懸賞 2009年 05月 30日 懸賞

先日いらしていた 色映みほさんは、素敵なブログを展開しています。
そのみほさんが、素敵なメッセージを載せてくださっていたので、コピーさせて頂きました。
みほさんは、本当に観察眼に優れ、文章力も豊かで、改めて、凄いなぁ・・と、思いました。
わたくしは、わたくしのスタンスで今も、これからも自分の居場所で輝きますが、
オーラソーマを受講希望の方々が多かったら、彼女を再び札幌に招くつもりです。
皆様からも、どうぞ、ご意見くださいね。

2009-05-25 22:43:21
ペガサスに乗った女神
テーマ:ブログ

今回の北海道の旅では、なんだかとてもたくさんの発見がありました。札幌の友人Oさんの、豊かで愛にあふれたスローライフに触れたこと。犬のいる楽しい生活。友人や、そのまた友人のお宅や経営するショップ、カフェなどがどこも「なごみ」の空間で、あくせくした東京の喧騒とは無縁の、平和で快適な雰囲気を楽しめたこと…。とにかくゆったりした時間と空間がそこにはありました。友人のマンションのリビングダイニングは20畳以上あって、ミニセミナーを開催したときも、12-13人のお客様がいてもちっとも狭くない!いたるところに天使やマリア様のオブジェや絵が飾られていて。食事もほとんど毎回友人がふるまってくれて、なんだかイギリスのデヴ・オーラに滞在していたときの感覚を思い出しました。自分の家以外で、はじめて、この場所だったら、お呼びさえかかればいつでもオーラソーマを教えに行きたい!と思った場所でした(友人が教えられたら一番よいのでしょうが、まだティーチャーの資格をもっていないので)。



友人は、常に女神の質をもってまわりの人に奉仕していきたいというポリシーの持ち主。でも、「いつでもいらっしゃいね」という受け身な姿勢ではなく、自ら愛車ジャガーで、さまざまな場所へ行っては友人、知人がちょっと困っているとか、ちょっと手伝ってほしいとかいう状況を解決していくのです。オーラソーマの創始者ヴィッキーさんは、いつも適切な場所に適切なタイミングで行って、適切な奉仕を与えたので、そのシンクロの質から「ペガサス」と呼ばれていたそうですが、さしずめ友人は「ペガサスに乗った女神」と呼びたいかんじ。人を助ける、手伝うといっても、やりすぎはしないんですね。短い時間、ちょっと顔を見せるとか、2時間だけ作業を手伝うとか、知人の集まりにちょっとだけ顔を出すとか、人が来ていても予定した用事があればその時間で帰ってもらうとか、そのバランスがまさに「適切」なんです。決して無理はしない。だから与えられたほうも重たくない。恩着せがましくないし、依存にもつながらない。けれど「一人きりではないんだ。困ったときは助けてくれる人がいる」という実感は与えてくれる人。そして常に語る言葉はポジティブで、物事のよい側面をしっかり見る人。色でいえば、完全に統合されたマゼンタの人、といった印象。でもマリア様の「はぐくみ、見守り、ジャッジしない」質も持っているから、ブルーも感じますね。一緒にいて、彼女の人への接し方、自分を大切にする姿勢、人生のポリシーなど、、多くのことを学びました。私より20歳近く上なのですが(見た目は超若いんですが)、彼女のように年を重ねていきたい、そんなふうに思いました。



彼女に、「女神の質」ってどういうことだと思う?と聞いたら、「男性をたてながらも、自分の世界観を持っていて、正しい方向に人を導いていける女性」と答えてくれました。それはオリーブのテーマっぽい。私がめざす女性像もまさにそんな感じです。ほんとに、勉強になりました!10年後には彼女のような生き方ができていたらいいけど、私はピンクがあるからお世話するよりされたい、甘ったれの要素も…。彼女ではなくて、彼女が飼っているミニチュアダックスの質のほうが近かったりして(笑)。暇さえあれば私のひざの上で甘ったれてたもん!

f0126417_2311582.jpg


以上、色映みほさんのコメントでした!
[PR]

by shining-angel | 2009-05-30 23:12 | Angelの日記

<< 越智啓子先生が札幌にいらっしゃ...   「アートセラピー」セミナーのご案内 >>