宇宙からのメッセージ

懸賞 2009年 03月 20日 懸賞

友人から素敵な詩が届きました。
時を前後して宇宙に飛び立った若田光一さん。宇宙から地球を見て・・彼は何を思うのだろうと、その彼に思いを馳せていたら・・・タイムリーにATSUO SAKURAI 氏からメッセージが・・・
とても素敵だったので、氏に許可を得て載せる事にしました。

  第一の手紙
宇宙に抱かれたものよ
悩みを止めなさい
                               f0126417_12585399.jpg
私は貴方を見つめる
明らかに過ぎた時の中で
私は貴方の悩みを見た

その時は 過ぎ去って 
わたしはこれを許すだろう
明日への希望と勇気に従い
私の進む道を行きなさい

地平線の彼方に
貴方の 未来と明日が輝くとき

私は喜びに包まれて
未来を見るだろう

これが第一楽章である


   第二の手紙
 貴方が求めているものが何であれ
 その満たされた心の喜びに         f0126417_2240917.jpg
  魂を浸すのであれば
 私の手から離れようと
 その心は癒される
 貴方が求める愛が
 形となって現れて
 魂に実を結ぶ私はその行方を確かめよう
 求めている魂が定まる時を迎えるのなら
 私の手を携えなさい
 その手は永遠に繋がれてゆくだろう
  これが第二楽章である



若田光一さんは、小さな時から次のように語っています。
 子供のころから「飛ぶこと」が大好きだった。5歳のとき米アポロ11号の月面着陸に感激し、宇宙にあこがれを抱く。両親の実家がある九州へ行くたびに乗った飛行機にも興味を持ち、模型飛行機を作って大空への夢を膨らませた。
パイロットを目指した時期もあったが、航空機の技術を学ぼうと九州大工学部へ進学。航空工学科で勉強しながらハンググライダーに乗ったり、「鳥人間コンテスト」に参加するなど、飛ぶことに明け暮れた。
 大学3年のとき、日航ジャンボ機墜落事故とスペースシャトル・チャレンジャー事故が相次ぎ、強い衝撃を受ける。飛行機の安全性を研究したいと思うようになり、大学院で機体の強度や構造を研究した。
技術者として日航
に就職後、日本人宇宙飛行士の募集を知り、372倍の難関を突破して幼いころの夢をかなえたそうです。

また、ATSUO SAKURAI 氏は、ヒーラーであり、その方に適した心身の波動調整を、宇宙意識と共に伝える方です。
人の生き方は、千差万別ですが、
宇宙の大いなる源には、きっと、誰一人取りこぼすことなく引き上げてくれる、大いなる宇宙の根源があるのだと私は思います。

宇宙に飛び出て、最先端の科学に貢献する方があり、また、人の心の中にある宇宙に思いを馳せる方があり、この地球はバランスを保っているのだと・・・。

日常の小さなことに囚われすぎることなく、大きな宇宙意識で周りを見たいものですね。

今日は、春分の日。春ももうすぐそこまで来ています。
桜の開花前線も聞かれる今日この頃・・・。
桜の美しさは、「来年又必ず咲くことを知っているから、あんなに潔く散るのだ・・」と、何かで読んだ気が致しますが、ほんとうに、あんなに美しく咲いて、あっという間に散っていく 桜の潔さは、格別なものを感じますね。

英国フィンドホーンフラワーエッセンスのレメディの中で、唯一使われている「Japanese Cherry」は、テーマは「思いやり」です。

周りに、自分に、ほんの少しやさしくしてみませんか??


f0126417_13432046.jpg

[PR]

by shining-angel | 2009-03-20 13:47 | Angelの日記

<< イルカさんと天使がやって来た   パステル和(NAGOMI)アー... >>